2015年05月29日

6月1日から自転車関連の

そろそろテレビやニュースで取り上げられていますが、
6月1日から自転車に関する道路交通法が改正されます。

その名も、「自転車運転者講習制度」

下は大阪府警の説明ページへのリンクですが・・・
https://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/topics/jitensya_kousyuu.html

ちょっとわかりにくいですよね。

わかりやすく説明すると、
「自転車に乗って」
「危険な違反行為(交通違反)をして」
「3年以内に2回以上摘発されたら」
「3カ月以内の指定された期間内に」
「安全講習を受けなければならない。」
「子どもであっても14歳以上は受講義務の対象」
「受講料は5700円」

ということです。
じゃあ、安全講習の受講対象となる「危険行為」とは何かというと、

1 信号無視
2 通行禁止違反
3 歩行者用道路徐行違反
4 通行区分違反
5 路側帯通行時の歩行者通行妨害
6 遮断踏切立入り
7 交差点安全進行義務違反等
8 交差点優先車妨害等
9 環状交差点の安全進行義務違反
10 指定場所一時不停止等
11 歩道通行時の通行方法違反
12 ブレーキ不良自転車運転
13 酒酔い運転
14 安全運転義務違反

以上の14項目です。
ちなみに受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。

さて、今回の改正をうけて「罰則が強化される」と解説しているところが多く見受けられますが…
元々取り締まりを受けたら1発で赤切符、例えば車道の逆走で
「5万円以上の罰金もしくは3か月以下の懲役」だったものが、
「3年以内に2回以上摘発されたら5700円の講習受講」となっているので、
罰則は緩和されているといえます。
ただ、これまでは罰則が厳しすぎて取り締まりされていなかったものが、
現実的な罰則に緩和されたことで取り締まりが厳しくなると予想されます。

もう、知らないでは済まなくなりますので、安全かつ平穏に自転車に乗るために、
ご家族みなさんで自転車に関する交通ルールを再確認してくださいね。

自転車の交通ルールについては続きを読む
posted by まめ太郎 at 00:08| Comment(0) | 日記