2015年04月30日

一般車のハブベアリングについて

ロードバイクに乗る人は頻繁にホイールを取り外したり、
回転の滑らかさを気にしたりして車軸に直接触れることがありますが、
一般車では自分でタイヤ交換をする人でも、
車軸を気にする事はまず無いのではないでしょうか。

所謂ママチャリといわれる一般車とロードバイクなどのスポーツ車、
どちらも車軸部のベアリングはカップ&コーン式でほぼ同じ構造です。
(一部を除く)

bearing.image.-mainParsys-000100-image.dash.jpg
(シマノHPより)

ハブ軸をもってホイールを回すと、
一般車と同じ部品で組まれた『ルック車』を除き、
スポーツ車のハブは滑らかに(価格に応じて違いあり)回りますが、
一般車はベアリングが入っているとは思えない位回転が渋いものが殆どです。

新車はメーカー品でも
『整備頻度が低いことを考慮した調整をしている』事が多く、
回転が渋いものも納得できるのですが、(これも程度によりますが)
ある程度走った車両でハブが痛んでいないものでも、
調整が強過ぎて渋いことが多いのが実情です。

これとは別の理由でも、使い込まれた一般車は回転が渋いことが多いです。
原因はベアリング部に封入されたグリスの油分が流れ出てしまい、
カラカラに乾いてしまっていたり、
ネチャネチャの糊状になってしまっていたりするためです。

IMG_20150304_192327.jpg

IMG_20150305_081258.jpg

IMG_20150304_191816.jpg

よくわかるのが前輪のハブで、フランジ付近についている黒いオイル汚れが酷いものは、
ほぼ例外なくグリスが切れてしまっています。

このまま放置すると、ベアリングが異常摩耗したり、錆びついたりして、
酷い場合には前輪ごと交換となってしまうこともあります。

この部分だけの分解清掃・グリスアップですと、ホイールを取り外す必要から
金額がかさむので、タイヤ交換時に同時施工することをお勧めします。
まめ屋では、ホイール脱着代+1000円で施工しています。

IMG_20150305_082600.jpg

IMG_20150304_192910.jpg

また、前後ハブだけでなく、大半の一般車はハンドル軸・クランク軸も同じ構造なので、
出来れば2年に1度はセットで分解清掃・グリスアップすることをお勧めします!

びっくりするくらい調子良く走るようになりますよ♪
posted by まめ太郎 at 00:28| Comment(0) | 日記

2015年04月07日

チューブが伸びてるんです。

前回の更新からかなり日数が経ってしまいました。
言い訳すると、確定申告が手ごわかったのですよ…

さて本題です。
自転車の出張修理で一番ご依頼が多いのはパンク修理なのですが、
「普通に走っていたのに、急に空気が抜けた。」という相談を頂くことがあります。

そういった自転車からチューブを取り出してみると、バルブのところでシワシワに偏っていることがあります。
こうなっているチューブは、かなりの確率でパンク修理をした後があります。

そして、こちらは「パンク修理してもらったんだけど、走っているとガタンガタンと振動する」
との相談があった自転車のタイヤです。

虫ゴムを抜いても空気は抜けず、バルブに細いドライバーを突っ込むと、徐々に抜けていく…
ビードを外してみると、バルブのところで団子になったチューブが。

IMG_20150228_145952.jpg

タイヤを外すとこんな状態。

IMG_20150228_150045.jpg

タイヤよりもチューブのほうが長くなってしまっています。
これは極端ですが・・・

IMG_20150228_150140.jpg

こうなってしまう原因ですが、
パンク修理時に伸びたチューブを無理に収めてしまったり、
パンク等で空気が抜けたまま無理に走行した結果、
動かないバルブ端にチューブが溜まって起こります。

このようなチューブは穴が開いていなくても交換しないといけません。
無理に入れても、空気が減ってきたときに同じようにチューブが偏ってしまいます。

こんなことになってしまわないように、
こまめに空気をいれるとともに、トラブルの際は無理せず出張修理のご依頼をしてください。

タグ:一般車
posted by まめ太郎 at 01:14| Comment(0) | 日記