2015年02月20日

ヤマハPASワゴン

IMG_20150131_160854.jpg

先日修理依頼があった電動アシスト三輪自転車のお話です。

スポークが折れたのを放置して乗り続けた結果、
駆動がかかる側のスポークが全滅して走行できなくなったようです。
片方のフランジに荷重が集中してしまいハブが歪んでしまっているので、
要ハブ交換=部品の取り寄せとなるためお預かりしました。

IMG_20150131_160916.jpg

駆動側のハブシャフトはリムを組み込んだボスフリーハブとセンターに配置されたバンドブレーキ用内装3速を中空のシャフトで連結してあります。
要はこのシャフト、バンドブレーキのワン取り付け部とボスフリー取付部にねじ込まれているわけです。
取り外すにはリム側を固定したままシャフトに開けられたサービスホールに適当な棒を刺して左に回せばいいんですが、駆動側フランジのスポークがないので虚しく空回りするだけ。
ハブを取り外すために生き残りのスポークでホイールを組み直すことも考えましたが、
ハブ単体にしてからフランジを直接クランプ、連結シャフトを回すことで外れてくれました。

IMG_20150201_155133.jpg

さて、20穴のボスフリーハブの在庫を持っていなかったので、純正部品を取り寄せたのですが、型式から検索するとメーカ在庫なし。
バックオーダーすら通りません。
しかたないので現行モデルのハブ・スポーク・ニップルを取り寄せました。
その後、入荷した部品をみてちょっと泣きそうになりましたが、結果的に使えたので良しとします。

ところでPASワゴン、リアは16インチの小径ホイールなんですが、スポークを編んでないんです。
3輪なので破損している左リアホイールと無事な右リアホイールがあるわけですが、どちらも同じ。

IMG_20150204_170859.jpg


うーん、いくら3輪用、それも16インチの小径ホイールだから変形量が少ないとはいえ、リアにデッカイカゴを装備して結構な重量を積載するのに、20穴でハブフランジのスポーク穴は引っ掛け式、しかも編んでないとか…ちょっと理解できないです。

IMG_20150204_170938.jpg

もちろん、組み直した左リアホイールは、きちんと編んであります。
これで加減速時に生じるホイールの変形を軽減できます。

乗りっぱなしで全く整備していないということでしたので、ホイールの修理完了後は各部の点検をさせていただきました。
最終的にリアホイール修理以外にも、リアタイヤ&チューブ左右、リアブレーキワイヤー後ろ側左右、フロントブレーキワイヤー、変速ワイヤー…と、消耗品の大半を交換しました。

出来れば編まれていない右ホイールも交換したいところだったのですが、まだ壊れてないですし、今回は見送りとなりました。

IMG_20150205_165644.jpg

以上で修理完了。無事にお引渡しを完了しています。


タグ:一般車
posted by まめ太郎 at 00:40| Comment(0) | 日記