2015年01月24日

油圧ディスクブレーキのメンテナンス

IMG_20150110_100452.jpg
このGIANT、先日エア抜きの依頼があったんですが、リア側がマスターシリンダーからエアを吸い込んでしまうためサービスキットを取り寄せ、後日改めて修理に伺いました。

IMG_20150124_100533.jpg
AvidのシステムはDOTフルードを使用するためか作業を断るショップもあるようですが、
まめ屋では出張での作業も可能です。

IMG_20150124_102743.jpg
分解してみると、ラバーカップが目視でもヘタリが確認できる状態で、シリンダーにはフルードスラッジも付いていました。

清掃後新しいピストンを組み込み、念入りにエア抜き作業をします。
マスターシリンダー側からの加圧で作業するモーターサイクルとは違い、サイクル用油圧システムはシリンジを使ってキャリパー側からの加圧とキャリパー・マスターそれぞれの減圧による作業を行うのですが、キャリパー&マスターの作業は減圧だけでなく加圧もしてやるほうがしっかりエアが抜けます。

IMG_20150124_114956.jpg
無事にエアも抜け、レバータッチも良くなったことを確認できたので、お引渡ししました。


まめ屋では、ブリーディング作業については特殊なものを除き、メーカー・DOTフルード・ミネラルオイル問わずお受けしています。
オーバーホールにつきましては、取扱しているシマノ・TRP・テクトロ・SRAM・Avidはもちろんのこと、リペアパーツ持ち込みに関しては基本的に全メーカー対応します!
posted by まめ太郎 at 12:35| Comment(0) | 日記

birzmanのポンプ(空気入れ) その2

今回ご紹介するのはbirzmanの携帯ポンプ、
「INFINITE APOGEE MTB(ROAD) WITH」です。

IMG_20150116_170409 (2).jpg
画像は90psi対応のMTBモデルですが、160psi対応のROADモデルもあります。
INFINITE APOGEE ROAD WITH 定価4800円(税別)
INFINITE APOGEE MTB WITH 定価4900円(税別)

IMG_20150116_171524 (2).jpg
各部を取り外した状態です。
本体とは別にCO2カートリッジが2本付いています。


IMG_20150116_171627.jpg
本体から取り出したメッシュホースを反対側にねじ込めば普通の携帯ポンプに。


IMG_20150116_171542.jpg
メッシュホースはCO2カートリッジをねじ込んで使うこともできます。


このポンプならば…
@CO2カートリッジを使用して、パンクを迅速に修復×2回、以降はポンプで修復。
Aビードが上がりにくいチューブレスタイヤも、CO2で一気に。
Bエアボリュームの大きいチューブレスMTBタイヤも、ポンプでビードとリムを密着させた後、
CO2で一気に充填。再度ポンプで適正圧まであげる。
などなど、色々な使い方が考えられます。

もちろん、ヘッドは分解することなく米仏両バルブに対応した新型Apogeeとなっています。

このポンプ、まめ屋ではROADモデルを税込4100円、
MTBモデルを税込4200円で販売しています!

続きを読む
posted by まめ太郎 at 02:01| Comment(0) | まめ屋のお勧め商品